最近よくベランダで鳩を見かけるなら対策したほうがいい

家を守るために

木造住宅の大敵であるシロアリを予防するには、材木に桧を使用するのが良いです。また、個人で出来る対策として、市販の薬剤を撒くという方法もあります。しかし、個人で行うものは隠れて潜んでいるシロアリには効果が薄いです。その点専門の業者ならば、専用の機材を使用して潜んでいるシロアリも駆除してくれます。

ハチによって異なります

蜂の巣があるからといって、必ずしもすぐ退治が必要とは限りません。蜂の種類と巣の場所によります。ミツバチやアシナガバチは比較的攻撃性が低く、見かけた時期や巣の場所によっては退治しなくても大丈夫です。スズメバチはとても危険なので、鵜を見つけたら、専門業者などに連絡して退治をお任せしましょう。

マンションに来る

一軒家

はとの糞や巣作り

マンションのベランダは日当たりもよく、しかも景観もいいのでそれを目当てに物件を選んだという方もいます。ところがいつ頃からか気がつけばベランダに鳩がやって来るようになるということがあります。はじめの頃は特に気にならないことも多いのですが、長い時間滞在するようになると異変を感じるようになってきますし、その頃から糞の被害も出てきます。鳩はただベランダにやって来ているのではなく、静かで安全な巣作りの場所を探し求めていることがあります。ベランダを巣作りの場所として提供してあげてひなが育つのを観察するのもいいかもしれません。しかしマンションでは糞の被害が広がることに対する理解を得られることはないので、鳩の対策が必要になります。

はとが寄れなくする

ベランダにやって来る鳩への対策として手っ取り早いのは、そこが安心できる場所ではないと知らせることです。鳩が落ち着いていられないように早期にして追い払ってしまえば、もはや駆除の必要もありません。しかしマンションの住人が日中不在の場合など、鳩の存在に気づくのに遅れることがあります。そうなってくると安心して巣作りのできる場所として準備を始められてしまいます。一度気に入られると何度もやって来るようになり、その都度糞の被害も出ますので対策をしなくてはなりません。そこで鳩の習性に詳しい駆除の業者に任せることで、当面のことはもちろん、今後も鳩がやって来ない環境にしてくれます。以前の衛生的で快適なベランダを取り戻す対策をしましょう。

家の軒先での営巣に注意

家の軒先や屋根裏等にハチの巣を発見した際は、自力で駆除するのは危険な作業となりますので、速やかに専門業者に駆除を依頼することが賢明です。そして、ハチの巣の特徴を見極めたうえで、経験に培われた技術力によって適切な方法で駆除してくれます。そのことで、安心した生活を取り戻すことが可能となります。